平田医院のあゆみ

平田肛門科 医院の歩み

東京青山 平田肛門科医院 | 平田医院のあゆみ | 外観

1935年平田篤次が肛門科専門医院として開院。
1954年平田洋三が2代目院長として診療を行う。
1987年平田雅彦が3代目院長として診療を行う。

現在まで患者総数は18万人を越えます。

医師

院長平田雅彦以下、非常勤医師3名(全員学会の指導医)。


治療と実績

  1. 手術をしないことを目標にしています。
    現在の手術率は内痔核13%、外痔核2%、裂肛12.5%、痔瘻は発癌の可能性があるため100%です。
    手術の場合は通院手術は20%、入院手術は80%です。
    心身両面の生活指導で手術率を下げています。
  2. 痔の大敵便秘症は、食事指導、ビフィズス生菌投与、排便イメージトレーニング等により、80%が改善してます。
  3. 手術は原則としての指導医が2人1チームで1日3例までとします。
  4. 大腸検査は電子内視鏡を使用し、全例内視鏡専門医が行っています。
  5. 患者さんは65%以上が女性です。
  6. 自己治癒力を高める公開セミナーを2ヶ月に1回開催しています。
  7. 自費診療を行っています。
  8. ベッド数15床、全室個室でバストイレ付き