痔の名医 Dr.Hipsこと
平田雅彦について

HOME | 痔の名医 Dr.Hipsこと平田雅彦について

Dr.Hips とは

Dr.Hipsとして 患者さんに親しまれた、前院長の「患者さん本意の親切医療」精神を引き継ぎました。 3代目ドクターヒップスは最新医療と生活指導を通し、患者さんが本来持つ自己治癒力を最大に引き出そうと努力しています。

院長:平田雅彦(ひらたまさひこ)

1953年

東京都生まれ

1981年

筑波大学医学専門学群卒業

1982年

慶應義塾大学医学部外科学教室に入局し、一般外科を研修

1985年

社会保険中央総合病院大腸肛門病センターに入り、大腸肛門病の専門医としての豊富な臨床経験を積む

1987年〜

今現在、平田肛門科医院の3代目院長

著作

38万人を診た専門医が教える
自分で痔を治す方法

2017.10.1 アチーブメント出版

痔の9割は自分で治せる

2017.7.15 マキノ出版

新版 痔の最新治療

2017.4.26 主婦の友社

痔の最新治療ー可能な限り切らずに治す 最新刊

2013.6 主婦の友社
・可能な限り切らずに治す、生活指導と保存療法
・痔核・裂肛・痔ろうのセルフケアと治療の実際
・痔は生活習慣病。原因も治療もあなた次第

どうする!?痔疾患 ~外来で役立つ診療の実際~

2010.5 永井書店

平田雅彦の切らずに治す痔の本 (名医の最新治療)

2010.3 主婦と生活社

最新病気別検査と手術―痛くない!苦しくない!

2009.1 主婦と生活社 分担執筆

臨床外科 増刊号

2008.10 医学書院 分担執筆

よくわかる最新医学「新版 痔」

2005.6 主婦の友社

必携 診療マニアル

2005.6 中外医学社 分担執筆

標準治療

2004・2005 日本医療企画 分担執筆

外来全科「痛み治療マニュアル」

2004.6 三輪書店 分担執筆

よくわかる最新医学「痔」

2001.10 主婦の友社刊

新・痔は切らずに治る

1996.10 主婦の友健康ブックス

痔は切らずに治る

1991.4 主婦の友社

トイレットシンドローム 便秘と痔の治し方

1990.3三輪書店 共著

Dr.Hipsの痔を安心して治す

1987.10 学研マーケティング

Dr.Hipsの痔のはなし

まんがファミリークリニック15

ビデオ

痔とうまくつきあう法

平田雅彦 監修 / 日本医師会推薦

学会発表

女性の肛門前方痔瘻に対する当医院治療の注意点

2013年11月 第68回日本大腸肛門病学会

内痔核に対する、ICG併用半導体レーザー照射法の評価

2012年11月 第67回日本大腸肛門病学会

内痔核に対する、ICG併用半導体レーザー照射法の適応と限界

2010年11月 第65回日本大腸肛門病学会

第Ⅲ度内痔核と外痔核に対する、ICG併用半導体レーザー照射法と外痔核結紮切除法併用治療の検討

2009年11月 第64回日本大腸肛門病学会

第Ⅲ度内痔核に対するICG併用半導体レーザー照射法の長期治療成績

2008年11月 第63回日本大腸肛門病学会

内痔核の生活指導 小麦外皮シリアルを使用した便秘の指導

2007年11月 第62回日本大腸肛門病学会

内痔核ICG併用半導体レーザー治療は標準治療になりうるか?

2006年11月 第61回日本大腸肛門病学会

内痔核の手術率について

2004年11月 第59回日本大腸肛門病学会

第Ⅲ度内痔核に対するICG併用半導体レーザーの治療経験ー130例の検討ー

2003年10月 第58回日本大腸肛門病学会

第Ⅲ度内痔核の症例121例に対するICG併用半導体レーザーの治療経験

2003年5月 第28回日本外科系連合学会

痔核発生機序に関する、第Ⅲ度内痔核の病理組織学的検討

2002年10月 第57回日本大腸肛門病学会

第Ⅲ度内痔核の症例85例に対するインドシアニングリーン併用半導体レーザーの治療経験

2002年10月 第57回日本大腸肛門病学会

内痔核のセルフケアについて

2001年10月 第56回日本大腸肛門病学会

内痔核に対するインドシアニングリーン併用による半導体レーザー治療の実際と問題点

2001年10月 第56回日本大腸肛門病学会