痔を「切らずに治す」肛門科医院

1-1 内痔核の症状

1-1 内痔核の症状

便秘のときに、トイレで長時間いきんで肛門に負担をかけていると、肛門のクッション組織の血流が悪くなってうっ血したり、血管が切れて出血し、血管と結合組織が肛門内に出てくることがあります。これが痔核で、歯状腺より内側にできたものを内痔核といいます。

痔核には、内痔核と外痔核がある

痔核は、肛門の周囲の動静脈瘤の一種で、血管と結合組織が肛門内に盛り上がり、垂れ下がってできたもので、形がいぼに似ていることから、いぼ痔とも呼ばれています。

痔核は、できる場所によって内痔核と外痔核に分けられます。

肛門粘膜と肛門括約筋の間と、肛門上皮と肛門括約筋の間には、筋線維や動脈、静脈が網の目のように集まり、便やガスが漏れないようにクッションの役割をしています。特に肛門周囲には動静脈の吻合脈が多く集まっていることから、このクッションを動静脈叢といいます。

便秘でいきんだりして肛門に負担をかけることを繰り返していると、クッションになっている組織の血管が切れて出血したり、血流が悪くなってうっ血することで血管周囲の結合組織が増殖し、血管と結合組織が肛門内にいぼのように出てくることがあります。このように肛門に出てきた動静脈叢を痔核といいます。

歯状線よりも内側にできた痔核を「内痔核」、外側にできた痔核を「外痔核」といい、内痔核と外痔核の性質は異なります。

また、妊娠後期になると大きくなった子宮が左右の腸骨静脈を圧迫するために、分娩時にいきむと内痔核になったり、痔核の症状が悪化することがあります。

痔核をほうっておくと、しだいに大きくなり、やがて排便時に肛門の外に出てくる「脱肛」を起こすようになります。

内痔核と外痔核

内痔核は出血や脱肛で気づくことが多い

内痔核は、歯状線より内側にある動静脈叢が大きくなって肛門の中に垂れ下がったものです。自律神経が支配している肛門粘膜の領域で発生するために、通常、痛みは感じません。出血や肛門から脱出(脱肛)によって、はじめて気づくことが多いのです。

動静脈叢がたれ下がる原因は、ほとんどが排便時のいきみで、強く腹圧をかけたときに動静脈叢画クッションの弾力性を保てなくなり、周囲の組織とともに肛門内にたれ下がるのです。

また、内痔核は、血液をためるスポンジのような役割をしており、見た目の痔核の大きさだけでは診断はつきにくいのが特徴です。これは、血液のうっ血の程度により、その液をためるスポンジ、つもり内痔核の大きさも変化するからです。

こんな症状があるときは内痔核の疑いが!
  • 最近トイレが長くなった。
  • 排便時に痛みもないのに血がしたたり落ちた。
  • 便の外側に血がついていた。
  • 排便時にお尻がムズムズしてきて、いぼ痔が飛び出してきた。
  • 肛門に何かぶら下がった感じで、痛みはないが残便感がある。

内痔核の4段階分類

内痔核は、症状の度合いによってⅠ度からⅣ度までの4段階に分類されます。

Ⅰ度:排便時に出血するが、脱出しないもの

内痔核の粘膜や結合組織がまだやわらかい状態で、痔核そのものも、血液がよどんでいるだけなので、ブヨブヨした状態です。そこに排便時のいきみが加わると、内痔核がふくれ上がり、かたい便がぶつかることによって、内痔核を取り囲んでいる粘膜が裂けて出血します。

出血の程度は、トイレットペーパーにつく程度のものから、血液がシューツとほとばしる「走り痔」までさまざまです。しかし、普通は、排便が終われば出血はおさまります。

Ⅱ度:排便時に脱出するが、排便が終わると自然に戻るもの

内痔核が多くなり、排便時のいきみで痔核が肛門の外に脱出(脱肛)してきます。

痔核が出たり入ったりしているうちに粘膜が厚くなり、結合組織も多くなってくるので、だんだん裂けにくくなり、Ⅰ度のときより出血量が減ることもあります。排便が終わると内痔核は自然に戻ります。

Ⅲ度:排便時に脱出し、指で押さないと戻らないもの

内痔核がますます大きくなり、指で押さないと肛門内に戻らなくなります。また戻し方が悪いと、一部が脱出したままとなり、うっ血して痛みが出たり、押し込むときに出血したりします。排便時だけでなく、ゴルフの最中や重いものを持ったりすると脱出することもあります。

Ⅳ度:排便に関係なく脱出しっぱなしのもの

内痔核を手で戻してもすぐに出てきて、いつも出っぱなしの状態になります。1個の内痔核が出ることもあれば、3個、4個と出てくることもあります。

また、肛門の粘膜も痔核に引っぱられて出てきます。こうなると便がちょっとしたことで流れ出し、肛門のまわりを汚すことになります。お尻がジクジクとして、肛門の周囲の皮膚がかぶれたり、強いかゆみが出たりします。

内痔核の症状の進行

Ⅰ度Ⅱ度のうちにライフスタイルの改善を

以上の4段階のうち、Ⅰ度、Ⅱ度では、ライフスタイルを改善して適切な治療をすれば、手術する必要はほとんどありません。しかし、Ⅲ度を超えると手術が必要になることもあります。

平田病院での内痔核の手術率は約12%です。

嵌頓痔核になると激しい痛みをともなうことも

症状の進行の段階に関係なく、脱出した痔核を指で押し込んでも肛門に戻らなくなることがあります。これを「嵌頓痔核」といい、痔核の根元が肛門括約筋で締め付けられ、うっ血してしまうものです。

痔核が肛門括約筋で締めつけられると、最初は圧力の高い動脈血だけが流れ込み、圧力の低い静脈血は戻れなくなるので、急激にうっ血します。血流はほとんど止まってしまい、痔核全体がはれ上がって表面が赤黒くなります。しかも、肛門の外に痔核が脱出するときに、痛みを強く感じる肛門上皮もいっしょに引きずり出してしまうこともあります。

内痔核では、ふつう痛みを感じないのですが、嵌頓痔核では患部が大きくはれ上がり、激しい痛みをともないます。表皮が破れると相当量の出血をともない、手術が必要になることもあります。内痔核で痛みが激しい場合は、ほとんどがこの嵌頓痔核です。

こんな症状があるときは嵌頓痔核の疑いが!
  • 出血は少量だが、激痛が走る。
  • 排便に関係なく、出血して痛む。
  • いぼが肛門から出たままで激痛が続く。




【関連ページ】

 ▶1. 痔核[じかく](いぼ痔)
   ▶1-1.内痔核の症状
   ▶1-2.外痔核の症状
   ▶1-3.痔核発症の原因と悪化の誘因
   ▶1-4.手術が必要な痔は少ない①
   ▶1-5.手術が必要な痔は少ない②
   ▶1-6.手術が必要な痔の症状
   ▶1-7.入院期間…長期入院は過去の話
 ▶2. 裂肛[れっこう](切れ痔・裂け痔)
 ▶3. 痔瘻[じろう](あな痔)

 ▶「痔の種類と症状」のページへ戻る


 ▶平田肛門科医院トップページへ戻る


〒107-0062 東京都港区南青山5-15-1
TEL. 03-3400-3685(予約制)

お知らせ