痔を「切らずに治す」肛門科医院

男と女、どちらが痔になりやすいですか?

男と女、どちらが痔になりやすいですか?

回答

痔は男性に多い病気というイメージがありますが、実際は女性のほうがなりやすい可能性があります。女性は自分が痔であることを公言する人が少ないことから、「隠れ痔主」が圧倒的に多いとみられます。

女性が痔になりやすい要因として、妊娠・出産という女性特有の大きな事業があることと、痔の最大の原因である便秘症が女性によく見られることがあげられます。

もともと女性は男性より便秘しやすい生活環境にあります。女性は仕事中や外出中に便意をもよおしても我慢しがちです。また、太り過ぎを気にしてダイエットすることが多いため、食事の量が減って便秘になりやすくなります。さらに、生理前には、ホルモンの作用で腸の動きが鈍くなるため、便秘になりがちです。

一方、痔瘻だけは男性に多いのが特徴です。筋肉の発達したがっちりした体格の青年や壮年男性に多く見られます。一般的に、女性よりも男性のほうが下痢になりやすく、また、排便のときに便が肛門腺窩(せんか)にあたる力が強いことから、痔瘻は男性に多く見られます。

現在、当医院を受診する患者さんの約70%は女性です。

痔核・裂肛・痔瘻の男女割合(平田肛門科医院)

〒107-0062 東京都港区南青山5-15-1
TEL. 03-3400-3685(予約制)

お知らせ