痔を「切らずに治す」肛門科医院

最新刊

最新刊

最新刊「痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学) 」の購入をご希望の方は、こちらからご覧ください。
主婦の友社 刊 1,575円(税込価格)


◆◆◆ 著者から ◆◆◆

痔の最新治療―可能な限り切らずに治す (よくわかる最新医学) 本書は、平成13年(2001年)に初版が出版され、そして平成17年(2005年)には改訂版が発行されました。その間、何万人もの方に読んでいただき、出版社の方の話ですと、「痔」に関する本としてはベストセラーと言えるものになったそうです。その間に多くの方々から「痔が切らずに治った」「痔と共存できた」というお便りをいただきました。うれしいかぎりです。
今回、痔についての新しい知見を追加し、再度の改訂版を出版することになりました。しかし、目的は変わりません。痔をなるべく切らずに治すか、痔と共存して欲しいのです。それは、必ずできると信じて努力してほしいのです。この本の目的は次の2つです。

(1)痔は、虫歯に次ぐ、堂々2位の国民病です。日本人の成人の3人に1人は「自分は痔の気がある」と思っており、検診を行えば、約7割の人に痔が見つかります。
しかし、痔は、場所が場所だけに、羞恥心がわざわいして、なかなか正確な情報を得ることができないように見受けられます。友達には気軽に聞きにくいですし、書店でこの本を手にとるのも若干の勇気が必要でしょう。この本は、あなたの勇気に応えるべく、痔の最新情報をわかりやすく整理してお届けします。

(2)「痔は、生活習慣病」というのが、世間の常識です。ですから、世界の痔の治療の主流は、生活指導と保存療法で、手術はほとんど行いません。とくに欧米での痔の手術率は10%以下です。
検査で、自分は直腸がんではなく、痔だとわかったら、生活習慣病を変えてセルフケアを十分に行い、痔を治そうと思ってほしいのです。自分が自分の主治医であり、主体性をもって医師と意見を交換し、自己責任で治療を決めていくのです。この本は、あなたが自分で痔を治すときの、手助け、道しるべになるはずです。

〒107-0062 東京都港区南青山5-15-1
TEL. 03-3400-3685(予約制)